蛙筆記 かえる部

かえる部の最新の活動や部長の余談など。

余談を極めた余談

お久しぶりです、部長です。
危うく丸々1年更新しないままになりかけていて危ねぇ!と思って更新しに来ました。

はてさて、現在かえる部をちまちまとチェックしていらっしゃる方は何人いるのか。
それはもう定かではありません。3人くらいは見てくれてるとうれしいね。
そういえば先程、

危うく丸々1年更新しないままになりかけていて危ねぇ!と思って更新しに来ました。

と言いましたが、あれは嘘だ。
これを更新するまでに至った経緯を手短にお話ししよう…と思ったけど手短じゃすまないので順を追って説明していきます。

6月5日から6月7日に私は修学旅行に行ったんですね。
それで、旅行し終えたので旅行記を作成してたんですけど、
自分で読み返してみてもなんというか、文章がブログ調なんですよね。
あ、これ絶対かえる部の影響やんと。即座に気付き、そういやぁ全く更新していなかったなぁと思い出して
更新に至った次第でございます。

なんというかエピソードから部長の人間性の酷さが垣間見える感じですが気にしないでください。それが部長クオリティーです。

そういえば私の友人の何人かから(かっこ)さんに会った、という話を聞きました。
今はもう顔を合わせていないかえる部員の現在が知れるのはいいですねー。
(かっこ)さんはゲームがうまいという話を聞いて(かっこ)さんもそういう系のゲームするんだなぁと思いました。

なんというか、このサイト、どこに需要があるんだ感のあるただただ更新第一のサイトになりつつありますね。
いっそ定期的に私がこうやって好きな時に勝手に更新するスタイルをずっと貫いてもいいのかもしれませんね。

特大ニュース 新ホームページを仮公開しました!

流石に長期間公開せずに忘れ去られていくのもなんなので仮公開してみました。
そのため、イラストの枚数はまだ数枚という現状…。
なんという詐欺ホームページ。

新ホームぺージはこちらから。

ちなみに旧ホームページFrogerは別に非公開にするつもりもないのでいつでも行けます。(ただしもう二度と更新はされない)
Frogerはこちらからいけます。

まぁ、ゆっくりと更新していくしかありませんね。

それではまた。

かえる部グッズ製作計画

これからのかえる部、漫画やイラストばかりでつまらないなぁ。
何か進展させることは出来ないだろうか?
そう考えていたら唐突にグッズを作ることを思いついたので作ろうと思う。

簡単にできる手作りグッズ

有名なものだと、プラ板でしょうか。
オーブントースターに入れる前に穴を開けておけば、簡単にキーホルダーを作成することができますしね。
あとは、アイロンビーズとか。
でも私の家にはドット絵のように作成できるアイロンビーズがありませんのでちょっと今は採用はできません。

プラ板は、楽に作れますが、正直言ってそんなにキーホルダーがあってもなぁ。
というのが本音である。
そこで、プラ板を作り終えた後、マグネットシールを貼ればプラ板マグネットを作ることにしました。
f:id:MTK-O:20170719115944j:plain

作るキャラクター

f:id:MTK-O:20170719114514j:plain
あしながくん
f:id:MTK-O:20170719114559j:plain
もくもく
f:id:MTK-O:20170719114605j:plain
ポス太

試作品完成

f:id:MTK-O:20170719114646j:plain
f:id:MTK-O:20170719114652j:plain
f:id:MTK-O:20170719114659j:plain

感想、反省点

色のついたものの方がマグネットが目立ちづらく貼りやすかったです。
焼いた後ポスターカラーなどで白く塗り、マグネットシールを貼りやすく、目立ちにくくするのもありですね。

おまけ

紙粘土で作ってみた
f:id:MTK-O:20170719115148j:plain
f:id:MTK-O:20170719115157j:plain
結論を言うと、これは器用な人がやるべきですね。
不器用な人がやっても小学校の工作になってしまいます。

いい手作りグッズの案があれば是非教えてください。

かえる部新HP作成の現在の進度

既にトップページは完成はしているものの、
問題は部員紹介とキャラクター紹介、
あとはイラストの枚数の少なさ、漫画のリメイクが間に合わない…。
自分がもう一人欲しいとはこのような状況なのだなと実感しました。
現実の用事と趣味とかえる部の更新と…

これ絶対追いつかない!

2018年度は絶対と言ってもいいんじゃないか?ってくらい更新が不可能になると思うので
まぁ基本的に更新できるのは今年中だろう。
詰まったらもう仮公開もありかなとは思ってます。

誰かイラストの提供とかしてくれないかなぁ…。

漫画は予定では四コマ広場の漫画をリメイクしたい。
問題はあしくんのリメイク。
これは時間が掛かりすぎて非常に苦しい。

というかまずかえ子さんの結婚絵のリメイク版の絵さえ完成していない現状(多分半年くらいほったらかし)。
かえる部に手をまわせていないのがなぁ。そもそも需要があるのかもちょっと謎なんだけども。

見てくれる方がいると信じてちまちまと公開に向けて頑張ります!

あなざーきゃっつ 舞台裏3

2015/2/20の記事より

学芸会記念特別イベント…今回はその3です!

学芸会記念特別イベントは、これで最後なので、楽しんでみていってくださいね!

さて、第三回はどんなゲストなのでしょうか…?
司会「さて!今日もCATSショッキングの時間がやってまいりました!」

司会「今日のゲストは誰なのでしょうか?はい、せーので呼びますよ!せーのっ!」

『だれがでるかな?だれがでるかな?チャララランランチャラララン♪』

司会「はい!今回のゲストは、悪ガキ猫役の、マンゴさん、ジェリーさん、
ランペルさん、ティーザさんです!」

ティーザ「どうも~」

マンゴ「どうも!ちなみに僕今、マンゴだけにマンゴー食べたいです!」

ランペル「マンゴ、それ全く面白くないから」

『(笑)』

ジェリー「ちなみに僕がジェリー、さっきツッこんだのがランペルです!」

ティーザ(ジェリーなのに丁寧…。)

司会「今回のゲストはなかなか愉快な方々がやってきましたね~。
  それでは、早速質問をしていきましょうか!」

司会「皆さんは、CATSの演技をしていて、何か思ったことはありましたか?」

ランペル「あぁ、それならティ」

ティーザ「あのですね、実は僕、実際悪ガキでは無くて…。」

司会「へぇ…!そうなんですか!監督は悪ガキ猫役はなるべく
本物の悪ガキに演じさせたいと言っていたのに意外ですね。」

ティーザ「はい。なので、僕も予想外でした。
元々は、普通の猫を演じようと思っていたので…。」

マンゴ「ええと、確かティーザは、監督によると、
『コイツは悪ガキ猫役にぴったりだ』と判断したそうです。」

司会「へぇ、じゃあティーザさんには悪ガキ猫役の素質が
あったのかもしれませんね。
実際に素晴らしい演技をしてくださいましたし!」

ジェリー「あと、ティーザは、悪ガキじゃなかったので、
意見が違ってくることもありましたね。」

司会「へぇ…そうだったんですか!例えばどんなことがありましたか?」

ランペル「例えば…セリフの言い方や、退場の仕方、動き、
会話をより良くする方法とかですかね。」

司会「へぇ…。色々なことで意見が違ってくることも
少なくはなかった、ということなんですね。」

司会「では、次の質問です。皆さんがもし、悪ガキ猫役役以外の役を演じるなら、どの役を演じてみたいですか?」

悪ガキ猫役全員「普通の猫ですね。」

司会「(そ、即答…!)普通の猫…!それはなぜですか?」

悪ガキ猫役全員(ティーザ|理由どうする?|マンゴ|どうしよ?|
ジェリー|さぁ?|ランペル|うーん…悪ガキ猫だから…|
ティーザ|…じゃあさ、悪ガキ猫とは反対の、普通の猫を演じてみたかった
から…とかは?|ランペル|それでいいんじゃないか|ジェリー|俺もそれでいいと思う!|マンゴ|じゃあそれできっまりー!
|ティーザ|お、おう…。)

悪ガキ猫役全員「悪ガキ猫とは反対の、普通の猫を演じてみたかったからです」

司会「あぁ、確かに!自分の演じた役とは反対の役って
一度は演じてみたくなりますよね!」

ランペル「でも、僕らは実際に悪ガキだったり、悪ガキの素質がある、
ということで、この役になりました。」

司会「あぁ、確かに実際に悪ガキだと、よりその役を忠実に再現することが
できますからね。…っと、おや、そろそろお時間が来てしまったようです!それではまた今度!」


これで学芸会記念特別イベントシリーズは終了です!

あともう一つ、
2月まで長引いてしまって本当に申し訳ございません。

本当はここまで長引かせるつもりはなかったのですが、
行事、HP作成などで時間が潰れてしまいました。
大変ご迷惑をおかけしました。

なるべく次のイベントは長引かないように出来るよう試みます。

それでは、有難うございました!

あなざーきゃっつ 舞台裏2

2014/12/16の記事より

学芸会記念特別イベント…今回はその2です!

さて、第二回はどんなゲストなのでしょうか…?
司会「さて!今日もCATSショッキングの時間がやってまいりました!」

司会「今日のゲストは誰なのでしょうか?はい、せーので呼びますよ!せーのっ!」

『だれがでるかな?だれがでるかな?チャララランランチャラララン♪』

司会「はい!今回のゲストは、スキンブルシャンクスさんです!」

スキンブル「はーい!どうもどうも、方向音痴のスキンブルで有名な、スキンブルシャンクスです!(今日のおやつなんだっけ)」


司会「さて!早速質問をしていきましょうか!」

司会「スキンブルさんは、CATSの演技をしていて、何か思ったことはありましたか?」

スキンブル「あー、ええとですねぇ…あっ!、そういえば僕、方向音痴なんですよ!(せんべいだったかな…)」

司会「ああ!確かに自己紹介でも言ってましたね」

スキンブル「はい(笑)、あだ名がついてしまうくらい僕方向音痴なんです…(うーん…正直せんべいよりかえるまんじゅうの方が良かった…)」

司会「…じゃあ、劇をするときは困らなかったんですか?」

スキンブル「いや、十分に困りましたよ、なので、本番やリハーサルは、
マネージャーさんと一緒に舞台裏では行動していました(笑)(このインタビューが終わったらかえるまんじゅうついでに買って帰るか)」

司会「へぇ、そうやって対策をするんですね!」

スキンブル「あと、マネージャーさんがいてくれたおかげで、
緊張は結構ほぐれましたかね…そういう面でも、結構助かりましたね」

司会「あぁ、確かに、人が一人近くにいるかいないか、ただそれだけでだいぶ違いますからね!」

司会「では、次の質問です。スキンブルさんがもし、鉄道役以外の役を演じるなら、どの役を演じてみたいですか?」

スキンブル「鉄道役以外ですか…そうですねぇ、長老役ですかね!」

『おぉぉ…(゚O゚)』

司会「長老役ですか!それは、なんでですか?」

スキンブル「ええと、一度でもいいから、優雅な役を演じてみたいなぁ、と思っているからからです」

司会「あぁ、確かに、優雅な役って演じてみたいですよね!」

スキンブル「でも、僕は実は鉄道マニアで、しかも雰囲気的にもあっている、ということで鉄道役になりました。」

司会「へぇ…確かにスキンブルさんは、鉄道マニアですし、雰囲気も爽やかですし、よくこの役が合いますね!」

スキンブル「はい、よく言われるんです。なので台本の役を友人に相談したら、最初に長老役より鉄道役の方がいいんじゃないか、と言われたほどでしたから(笑)」

司会「なるほど…雰囲気も役決めには必要なんですね!…っと、おや、そろそろお時間が来てしまったようです!それではまた今度!」

学芸会記念特別イベント その3に続く

あなざーきゃっつ 舞台裏

2014-12-16の記事より


今年は学芸会ということで学芸会記念特別イベントを開催します!

今回はその1です!

けろぱんだが私達の学年が演じることになった『CATS』のキャラクターを原作を見ずになんとなく作ってしまった

キャラクター達、『あなざーきゃっつ』を使っておりますので注意です。

さて、第一回は一体誰がゲストなのでしょうか…?
司会「さて、今日もCATSショッキングの時間がやってまいりました!」

司会「今日のゲストは誰なのでしょうか?はい、せーのでよびますよ!せーのっ!」

『だれがでるかな?だれがでるかな?チャララランランチャラララン♪』

司会「はい!今回のゲストは、グリザベラさんです!」

グリザベラ「皆さんこんにちは!グリザベラです!」

司会「さて!早速質問をしていきましょうか!」

司会「グリザベラさんは、CATSの演技をしていて、何か思ったことはありましたか?」

グリザベラ「えーっと、そうですねぇ…正直私部屋着って今着てる服とかみたいに、とにかくボロボロなやつなんですよ」

司会「あれ?でもグリザベラさんはお嬢様では?」

グリザベラ「あ、はい、そうなんですけどね、私…実は、ボロボロの汚れた服を着るのが趣味でして…。でもちゃんとお父様やお母様のお許しは得ていますよ。」

『(゚д゚)』

司会「…じゃあ主役の服を着るのは…」

グリザベラ「ええ!もう嬉しくて嬉しくて!これまでに着たことのない
ボロボロさで、一つ一つの演技をするのが楽しくて仕方がありませんでした!」

司会「へぇぇ…つまりはその趣味があったからこそもっと観客を魅了する
演技ができたんですね。」

グリザベラ「はい、この趣味がなかったら、きっとこの劇に出られても、
きっと普通の猫とか、違う役をやっていたと思います。」

司会「なるほど…では、グリザベラさんがもし、主役以外の役を演じるなら
どの役を演じてみたいですか?」

グリザベラ「…うーん…、おばさん役ですかね!(ドーナッツが食べたくなってきた…)」

『おおぉ…(゚O゚)』

司会「おぉ…、おばさん役ですか!それはなんでですか?」

グリザベラ「理由は、おばさん役って優しいし、かっこよくて…
もう正直私は凄い憧れていた役で、第二希望だったからです。(うほぉ、ドーナッツ、ドーナッツ)」

司会「へぇ…、確かにおばさん役は、ネズミやゴキブリをしつけているという優しい面もあり、あと特にダンスがキレがあってかっこいいですもんね!」

グリザベラ「はい!だから、おばさん役になってみたいとは一応
言ったんですが、見た目が若すぎる、ということで主役になりました。(後で絶対ドーナッツ食べよ)」

司会「へえぇ…見た目もやっぱり必要なんですね…
っと、おや、そろそろお時間が来てしまったようです!それではまた今度!」

学芸会記念特別イベント その2に続く