蛙筆記 かえる部

かえる部の最新の活動や部長の余談など。

色選び

ちょっとブログをダークキュートな感じにしてみました。
次回の大きな更新でまた色変えるのでその時に蛙筆記らしい色選びにしようかなと思います。

と、いうわけで今回は魅力的な色選びについて書いていきます。

様々な色選びの仕方

まず管理人の色選びの仕方をご紹介。
今回サイトで使った色は大体こんな感じ。
f:id:MTK-O:20161103004838p:plain
ダークキュートが題なので全体的に暗めで彩度は全てなるべく低めにしております。
彩度低めにしてしまうのは私の癖なのですが、
絵を描くときすべての色の彩度を低くしてしまうと特に強調したい色がなんなのかわからない状態に
なってしまうので注意が必要になります。
そしてこの組み合わせを見ていると、3色の類似色グループ、1色の孤独な色がありますね。
やはり見ていてパッとしないのは類似色が多く、偏ってしまっているのも一因であるといえます。

彩度低めにしてしまうのは私の癖

と先ほど言いましたので私が好き勝手色選びしたものを上げます。
f:id:MTK-O:20161103005601p:plain
やはり彩度が薄めでぱっとしませんね。
先ほどの色選びはまだピンクがいい仕事をしていたものの、今度は全部がぱっとしないので、
何を強調したいのかわからない色になってしまいます。

では次、色のバランスを考えたものと考えなかったものの対比。
f:id:MTK-O:20161103010221p:plain
上の色は青で彩度を落としているので赤でそれを回収。
尚且つ白は色を下げすぎて赤と明度が近くなりすぎないようにする。
こんな感じのを意識してやってみました。
そして下は案の定好み。
ちなみに彩色したあと彩度をゼロにするとどれだけバランスの取れた色選びができたかがわかります。
f:id:MTK-O:20161103010614p:plain
やはり上の方がメリハリがあるようですね。
下は赤と白の明度が近くて全体的にぼんやりとしてしまうわけです。

イラストに応用する場合

f:id:MTK-O:20161103115825p:plain
この線画を使って説明していきます。

結局イラストで色分けする場合は、全体的に統一感があった方が一つの色だけ明度を下げてみたりしたとき
その色がすごく映えます。
f:id:MTK-O:20161103115909p:plain
この色分けの場合、髪の毛やバラを目立たせたいと思い暗め、濃いめの色使いになっていますが
リボンなども色が濃いために目立って色の薄いウエディングドレスの方が目立ってしまっています。
f:id:MTK-O:20161103115922p:plain
彩度ゼロで見ると一部分に似たような明度の色が固まってしまっているのがよくわかります。

というわけで手直し。
f:id:MTK-O:20161103121225p:plain
髪とバラは位置がとても近いので、目立たせたい部分の色をリボン、バラに変えてみました。
そして、全体的な色使いを明るめに変更。
明るくしたい部分の空と髪は最初の色より明度を上げました。
そもそもこの絵って結婚がテーマなので、暗くてどうするんだという話なんですけどね。

肌の色も暗いと逆に目立つので変え、地面の色は空とは反対に鮮やかさの欠ける色に。
これでリボンと花束に目が行きますよね。
リボンを目立たせたいのはかえ子さんの個性の一つであるから。
擬人化絵なので余計目立たせた方がいいかと思い髪からリボンに目立たせたい色を変えたのです。
でも、後にのせていく色で目立たせるという方法もあるので彩度は気にしすぎない方がいいかも。


ちなみにこのかえ子さんの絵はリニューアル版で完成版が載せられます。
結局色選びも大切なんだけどもイラストの場合
後に影とかつけるので第一段階だと考えて選ぶのが一番いいのだと思います。
それでは、また次回の記事で。

新HPについての余談

前に書いた新ホームぺージ計画。
なんでそんな今更…?となるかもしれませんが、
もうかえる部も終了したのでホームページをかえる部のこれまでの活動の足跡置き場に
しようと思ったのです。
でも今のホームページ、見栄えが悪いのでちょっと変えようと思い思い切って
新しくホームページを作ることにしたのです。

ちなみにホームページ名は「FROGEWS」。
FrogとNewsを組み合わせた造語ですが、若干恐竜っぽさを感じる名前…。

今回は見栄え重視なので現在何度も何度も編集しまくってます。
部長のセンスが試される時ですね。

そして今回、新しくなる要素をご紹介します。

広場が消え、漫画コーナーが誕生

新ホームページ完成後、広場というコーナーはなくこちらの蛙筆記の方で
ネット新聞を書くことになっています。
そしてその広場の分を埋めるコーナーが「漫画コーナー」。
現在のホームページでもあしくん!!を掲載していますが新ホームページでは種類が増えます。
予定では新聞に掲載していた「四コマ広場」と部長が勝手に作っていた「あなざーきゃっつ」が増えます。

ちなみに漫画の掲載の仕方はこんな感じになってます。
f:id:MTK-O:20161102220913p:plain
左上に表紙、右下に漫画本編が小さく並んでいるという感じのレイアウト。
漫画本編はクリックすると拡大されるようになってます。

あしくん、リメイクする。

あしくんはちょっと本編の作画が汚いのでリメイクします。
ちょこちょこ文章が変わったりしますので原作知ってるとより楽しめるかもしれません。

ちなみに大体こんな感じに変わります。
f:id:MTK-O:20161102221313p:plain
※リメイク前

f:id:MTK-O:20161102221427p:plain
※リメイク後

若干丁寧さが増したのがわかるでしょうか。
そして、線画も綺麗になるので前より少し見栄えの良いあしくん!!になると思われます。

部員紹介が丁寧になる!

幽霊部員はあまり紹介されなくとも少しでも活動したり、せめて名前を取得さえしていれば
確実に紹介されるようになります。
今回は名前だけでなくイラストと紹介文込みです。
完成版ではどうなるかお楽しみに!

それではまた次の更新で。

ロゴについての話

お久しぶりの更新となってしまいました、蛙筆記。
今回はサイトのロゴについての話をしていきたいと思います。
もしかしたら、ロゴを作るときの参考になるかもしれません…。

ブログのヘッダー

途中から蛙筆記という名前になったこのブログですが、蛙筆記、という和風の名前だったのに対し
やけにポップな見た目のサイトとなっていたので改装しようと思い今回はブログも改装しました。
かと言って、スマホで見るとデザインは全く反映されませんがね。

今回手を入れてみたのがヘッダーです。
フォントがいい仕事をしてそこそこ和風っぽさの出た見た目になりました。
f:id:MTK-O:20161102184319p:plain
ロゴにしてみるとこの画像のような感じになります。

ところで、見ていて少し文字に統一感がないのがわかりましたか?
実は筆のみフォントを変えてあるのです。
パッと見て変化のない"蛙筆記"の文字は面白くなかったので一つだけ変えてみました。
それと、カエルと蛙筆記の文字を万年筆で書いたような印象を与えたかったのですが
完成版では蛙筆記とカエルがインクに見えても万年筆はなんだかよくわからない謎の物体、
みたいな存在になってしまいました。
やっぱり想像するのと実際に作るのでは全く違いますね。
特に想像したことを書いて伝えるのが難しい…

新たなかえる部のロゴ

f:id:MTK-O:20160218192843p:plain
かえる部のロゴ、といえばとりあえず今までこれでしたね。
これは私が数分で作ったもので適当にところどころ色を変えて
"え"の上の部分をカエルにして少しそれっぽくしただけのものです。
ドットのフォントにしたので少しそれが生きてお粗末な出来栄えを誤魔化してくれていましたが
ロゴというのは、本来ロゴを見た人に自分の伝えたいことをロゴで伝える
という役割も果たしているのです。
そしてそのロゴがどれぐらい見た人の頭の中に残るか、それも勝負なのです。
より魅力的な、尚且つ覚えやすいシンプルなデザインにすると頭によく残る…。
そしてそのロゴで誰かがかえる部を思い出したら、それは宣伝成功となるわけです。
f:id:MTK-O:20161102185352p:plain
というわけで先ほどのことを踏まえ、新しくきちんと与えたい印象を考えて作ってみたロゴです。
前のロゴでは、ロゴ全体を見ていて"カエル"という印象が薄かったので、
今回は思い切ってカエルらしい文字にしてみました。
今回はちゃんと使うフォントも考えて使用したんですよ。

使うフォントを決める

フォントというのは、単純な形をしているものも多いですが、
フォント一つ一つをきちんと見ていくと、一つ一つ与える印象が違ってきます。
私は最初ポップ体を使おうと思っていました。
ポップ体にしようと思ったのは、ポップ体というのは丸みを帯びていて、
どこか文字というよりも生き物というイメージを与えるから。
そしてかえる部の楽しそうなイメージを出すためにポップ体が一番合うだろうと思ったからでした。
でも"ポップ体"は一つではないのです。
f:id:MTK-O:20161102192848p:plain
私のパソコンの中にはポップ体は計5つあります。
その中で、かえる部のロゴを作るときところどころカエルの要素を入れるとなると、
例えばカエルの目の部分や、顔。アマガエルなどが所持する足の先の吸盤くらいになります。
カエルの要素は全て丸い印象のあるもの。
なのに、もともと丸いフォントに丸い印象を与えるカエルの要素を付け加えてしまうと、
あまりに丸々しくなってしまうし、全て丸で統一してしまって見た目が面白くない。
なので、見た目が全体的に丸くとがった部分のない富士フォントは除外。
そしてフォントとフォントの間がしっかりと空いたフォントの一つであったHGPポップ体にしました。

ちなみにロゴを作るうえで文字は手書きでもいいのですが、
汚くてメッセージ性に欠けてしまうと、あまり効果がないので
私はフォントをいじって作るようにしています。

フォントいじり

ロゴとしてメッセージ性をうまく伝えるためには、フォントだけでは足りないので、
ところどころいじっていきます。
私はペイントソフトを使っていじってますね。
文字の書かれた画像をレイヤー情報なしで一度保存→その画像をもう一度開く
この作業を行うだけでフォントはもうレイヤー情報を失っているため
ただの黒いインクの塊、のような存在になるわけです。
そうすれば自由にフォントをいじることができるので便利ですよ。

ですがフォントを作るときソフトはちゃんと選んだ方がいいかと思われます。
私は適当に愛用ソフトを使っていますが
あるのならPhotoshop、なければフリーのPictbearとか。
Pictbearは操作がわかりやすくて初心者でも簡単にロゴを作ったり絵を描いたりできるのでおすすめ。

で、本題に戻ります。
今回私がロゴから伝えたいものの中の一つとして、
"カエル"がありました。
なので今回はえの上の部分をカエルの顔にするだけでなく
漢字やひらがなの止めの部分に円を描いてカエルの吸盤を表してみたり
カエルの要素を多く盛ってみました。

新ホームページでは出番は少ないですが、お洒落な雰囲気を目指したホームページ全体に負けない
デザインとなったと思い久々に自分で満足できた作品になったものだったりします。

どうでしたでしょうか?
画像をパッと見るだけでもわかるあのロゴの大きな違い。
ちょっと別の人が作ったみたいですよね。
もしこの記事がロゴ制作のお役に立てたのなら光栄です。
ではまた次の記事で。

記事にして欲しい内容を募集

蛙筆記では、ネット新聞の記事の内容のリクエストを募集しております。
いつでも受け付けておりますので、この記事のコメント欄から気軽に書き込んでください。
※これ以外の記事に書き込んでいただいても構いません。

※記事にすると著作権の侵害となってしまうようなネタを書くのはおやめください。

内容の例
・私は○○が好きなので、特集して欲しい。
・○○は世の中の人たちが知るべきことであるのに、あまり有名でないので、
記事に書いて紹介して欲しい。

など。

何かコメントに書いて下さると管理人がとても助かります。

以上、管理人からでした。

初めに

このブログ「蛙筆記(かわずひっき)」は、主にかえる部の最新情報を載せていくブログです。
※同名のかえる部、という名前で活動していらっしゃる団体様とは別です。

主な注意点

コメントをする際、中傷的な発言は絶対に書き込まないこと。

かえる部について

新聞を中心にときどき漫画などを書いている団体。
2015年に活動終了してからはwebサイトのみの更新となっている。

2012年にでき、2013年から本格的に始動した。

このブログで記事にする内容

現在はとても不定期な更新となっている。

・かえる部についてのお知らせ。

現在はwebサイトの更新情報となっている。

・ウェブ新聞

たまに記事にする。
※主に部長の気が向いたら

その他

記事のリクエストを募集中
公式ホームページ

管理人:けろぱんだ(部長)
お問い合わせはホームページから。