蛙筆記 かえる部

かえる部の最新の活動や部長の余談など。

ロゴについての話

お久しぶりの更新となってしまいました、蛙筆記。
今回はサイトのロゴについての話をしていきたいと思います。
もしかしたら、ロゴを作るときの参考になるかもしれません…。

ブログのヘッダー

途中から蛙筆記という名前になったこのブログですが、蛙筆記、という和風の名前だったのに対し
やけにポップな見た目のサイトとなっていたので改装しようと思い今回はブログも改装しました。
かと言って、スマホで見るとデザインは全く反映されませんがね。

今回手を入れてみたのがヘッダーです。
フォントがいい仕事をしてそこそこ和風っぽさの出た見た目になりました。
f:id:MTK-O:20161102184319p:plain
ロゴにしてみるとこの画像のような感じになります。

ところで、見ていて少し文字に統一感がないのがわかりましたか?
実は筆のみフォントを変えてあるのです。
パッと見て変化のない"蛙筆記"の文字は面白くなかったので一つだけ変えてみました。
それと、カエルと蛙筆記の文字を万年筆で書いたような印象を与えたかったのですが
完成版では蛙筆記とカエルがインクに見えても万年筆はなんだかよくわからない謎の物体、
みたいな存在になってしまいました。
やっぱり想像するのと実際に作るのでは全く違いますね。
特に想像したことを書いて伝えるのが難しい…

新たなかえる部のロゴ

f:id:MTK-O:20160218192843p:plain
かえる部のロゴ、といえばとりあえず今までこれでしたね。
これは私が数分で作ったもので適当にところどころ色を変えて
"え"の上の部分をカエルにして少しそれっぽくしただけのものです。
ドットのフォントにしたので少しそれが生きてお粗末な出来栄えを誤魔化してくれていましたが
ロゴというのは、本来ロゴを見た人に自分の伝えたいことをロゴで伝える
という役割も果たしているのです。
そしてそのロゴがどれぐらい見た人の頭の中に残るか、それも勝負なのです。
より魅力的な、尚且つ覚えやすいシンプルなデザインにすると頭によく残る…。
そしてそのロゴで誰かがかえる部を思い出したら、それは宣伝成功となるわけです。
f:id:MTK-O:20161102185352p:plain
というわけで先ほどのことを踏まえ、新しくきちんと与えたい印象を考えて作ってみたロゴです。
前のロゴでは、ロゴ全体を見ていて"カエル"という印象が薄かったので、
今回は思い切ってカエルらしい文字にしてみました。
今回はちゃんと使うフォントも考えて使用したんですよ。

使うフォントを決める

フォントというのは、単純な形をしているものも多いですが、
フォント一つ一つをきちんと見ていくと、一つ一つ与える印象が違ってきます。
私は最初ポップ体を使おうと思っていました。
ポップ体にしようと思ったのは、ポップ体というのは丸みを帯びていて、
どこか文字というよりも生き物というイメージを与えるから。
そしてかえる部の楽しそうなイメージを出すためにポップ体が一番合うだろうと思ったからでした。
でも"ポップ体"は一つではないのです。
f:id:MTK-O:20161102192848p:plain
私のパソコンの中にはポップ体は計5つあります。
その中で、かえる部のロゴを作るときところどころカエルの要素を入れるとなると、
例えばカエルの目の部分や、顔。アマガエルなどが所持する足の先の吸盤くらいになります。
カエルの要素は全て丸い印象のあるもの。
なのに、もともと丸いフォントに丸い印象を与えるカエルの要素を付け加えてしまうと、
あまりに丸々しくなってしまうし、全て丸で統一してしまって見た目が面白くない。
なので、見た目が全体的に丸くとがった部分のない富士フォントは除外。
そしてフォントとフォントの間がしっかりと空いたフォントの一つであったHGPポップ体にしました。

ちなみにロゴを作るうえで文字は手書きでもいいのですが、
汚くてメッセージ性に欠けてしまうと、あまり効果がないので
私はフォントをいじって作るようにしています。

フォントいじり

ロゴとしてメッセージ性をうまく伝えるためには、フォントだけでは足りないので、
ところどころいじっていきます。
私はペイントソフトを使っていじってますね。
文字の書かれた画像をレイヤー情報なしで一度保存→その画像をもう一度開く
この作業を行うだけでフォントはもうレイヤー情報を失っているため
ただの黒いインクの塊、のような存在になるわけです。
そうすれば自由にフォントをいじることができるので便利ですよ。

ですがフォントを作るときソフトはちゃんと選んだ方がいいかと思われます。
私は適当に愛用ソフトを使っていますが
あるのならPhotoshop、なければフリーのPictbearとか。
Pictbearは操作がわかりやすくて初心者でも簡単にロゴを作ったり絵を描いたりできるのでおすすめ。

で、本題に戻ります。
今回私がロゴから伝えたいものの中の一つとして、
"カエル"がありました。
なので今回はえの上の部分をカエルの顔にするだけでなく
漢字やひらがなの止めの部分に円を描いてカエルの吸盤を表してみたり
カエルの要素を多く盛ってみました。

新ホームページでは出番は少ないですが、お洒落な雰囲気を目指したホームページ全体に負けない
デザインとなったと思い久々に自分で満足できた作品になったものだったりします。

どうでしたでしょうか?
画像をパッと見るだけでもわかるあのロゴの大きな違い。
ちょっと別の人が作ったみたいですよね。
もしこの記事がロゴ制作のお役に立てたのなら光栄です。
ではまた次の記事で。