蛙筆記 かえる部

かえる部の最新の活動や部長の余談など。

あなざーきゃっつ 舞台裏3

2015/2/20の記事より

学芸会記念特別イベント…今回はその3です!

学芸会記念特別イベントは、これで最後なので、楽しんでみていってくださいね!

さて、第三回はどんなゲストなのでしょうか…?
司会「さて!今日もCATSショッキングの時間がやってまいりました!」

司会「今日のゲストは誰なのでしょうか?はい、せーので呼びますよ!せーのっ!」

『だれがでるかな?だれがでるかな?チャララランランチャラララン♪』

司会「はい!今回のゲストは、悪ガキ猫役の、マンゴさん、ジェリーさん、
ランペルさん、ティーザさんです!」

ティーザ「どうも~」

マンゴ「どうも!ちなみに僕今、マンゴだけにマンゴー食べたいです!」

ランペル「マンゴ、それ全く面白くないから」

『(笑)』

ジェリー「ちなみに僕がジェリー、さっきツッこんだのがランペルです!」

ティーザ(ジェリーなのに丁寧…。)

司会「今回のゲストはなかなか愉快な方々がやってきましたね~。
  それでは、早速質問をしていきましょうか!」

司会「皆さんは、CATSの演技をしていて、何か思ったことはありましたか?」

ランペル「あぁ、それならティ」

ティーザ「あのですね、実は僕、実際悪ガキでは無くて…。」

司会「へぇ…!そうなんですか!監督は悪ガキ猫役はなるべく
本物の悪ガキに演じさせたいと言っていたのに意外ですね。」

ティーザ「はい。なので、僕も予想外でした。
元々は、普通の猫を演じようと思っていたので…。」

マンゴ「ええと、確かティーザは、監督によると、
『コイツは悪ガキ猫役にぴったりだ』と判断したそうです。」

司会「へぇ、じゃあティーザさんには悪ガキ猫役の素質が
あったのかもしれませんね。
実際に素晴らしい演技をしてくださいましたし!」

ジェリー「あと、ティーザは、悪ガキじゃなかったので、
意見が違ってくることもありましたね。」

司会「へぇ…そうだったんですか!例えばどんなことがありましたか?」

ランペル「例えば…セリフの言い方や、退場の仕方、動き、
会話をより良くする方法とかですかね。」

司会「へぇ…。色々なことで意見が違ってくることも
少なくはなかった、ということなんですね。」

司会「では、次の質問です。皆さんがもし、悪ガキ猫役役以外の役を演じるなら、どの役を演じてみたいですか?」

悪ガキ猫役全員「普通の猫ですね。」

司会「(そ、即答…!)普通の猫…!それはなぜですか?」

悪ガキ猫役全員(ティーザ|理由どうする?|マンゴ|どうしよ?|
ジェリー|さぁ?|ランペル|うーん…悪ガキ猫だから…|
ティーザ|…じゃあさ、悪ガキ猫とは反対の、普通の猫を演じてみたかった
から…とかは?|ランペル|それでいいんじゃないか|ジェリー|俺もそれでいいと思う!|マンゴ|じゃあそれできっまりー!
|ティーザ|お、おう…。)

悪ガキ猫役全員「悪ガキ猫とは反対の、普通の猫を演じてみたかったからです」

司会「あぁ、確かに!自分の演じた役とは反対の役って
一度は演じてみたくなりますよね!」

ランペル「でも、僕らは実際に悪ガキだったり、悪ガキの素質がある、
ということで、この役になりました。」

司会「あぁ、確かに実際に悪ガキだと、よりその役を忠実に再現することが
できますからね。…っと、おや、そろそろお時間が来てしまったようです!それではまた今度!」


これで学芸会記念特別イベントシリーズは終了です!

あともう一つ、
2月まで長引いてしまって本当に申し訳ございません。

本当はここまで長引かせるつもりはなかったのですが、
行事、HP作成などで時間が潰れてしまいました。
大変ご迷惑をおかけしました。

なるべく次のイベントは長引かないように出来るよう試みます。

それでは、有難うございました!